« 1999年10 月 | メイン | 1999年12 月 »

1999年11 月 からの 18 記事

1999年11 月29日 (月曜日)

1999/11/29(無題)

 久しぶりの更新だ。とりあえず掲示板のコメントとこのひとりごとだけだけど。

 ドラマの仕事のほう、本格的に忙しくなってきて、うちに帰ってくることさえままならない。
 せっかくコミパル買ったんだから、掲示板の返答ぐらいはと思っていたのに、それさえもできずにいました。ごめんなさい。
 いつの間にか6000人、突破してたのね。ありがたいことです。

 今回のドラマは主演がほとんど新人さんみたいな方なので大変かもしんない一方、これからビッグになられるかも知れない楽しみがある。いや、ぜひとも今回の作品で超有名人になって欲しいな。なんて、一人前なことをつぶやいてみたりして。

 これまではクランクイン間近からの参加だったのが、今回は早めの参加だったので、なんとなく以前より広い視野でこの仕事を見つめられて勉強になっている。苦労も多いけど。
 また、自分の下というわけでもないけど、お手伝いみたいな感じで、なにかと教えてあげなければならない後輩も短い期間だけど付いていて、これがまた結構Kammyには荷が重い。だってまだ、自分のことさえ手一杯で満足な仕事ができないのだから。
 まあ、そんなことを考えている間にもどんどん撮影は進む。
 最初のロケ週はなんとかクリア。もうすぐスタジオでのセット撮影が始まる。まあ、Kammyのやってるポジションとしてはセットのほうがまだ楽なほうなんだけど、今回のスタジオはKammyにとって初めてのスタジオで、しかもなにかと仕事が増えてしまう不便な条件のところなので、あまり気は抜けない。
 全体として見ればまだ始まったばかり。大きな失敗をしないようにがんばろっと。

 そういや、今回の仕事では以前のような寝坊とか遅刻とか、あんまりしてない。…少しはあったけど(^_^;)
 この仕事を初めて間もない頃、そのうちこういう仕事のサイクルに体が適応してしまうと言われた。そうなってきたのかなぁ。2、3時間しか寝てない日でも、なんとなく仕事をこなしているもんな。
 その代わり、完全徹夜ができなくなった。少しでも寝ないと体が動かない。これは歳のせいか!?

1999年11 月20日 (土曜日)

1999/11/20(無題)

 18日にクランクインした。
 この数日、ほとんどうちに帰ってない。
 更新できませんです。
 今日もこれをアップしたらすぐ出かける。

 クランクイン前日の17日、足をくじいて捻挫した。
 ここには書かなかったけど、数日前に、携帯電話が故障して、仕事上の連絡がとどこおって難儀した。
 クランクイン当日の自分で見つけてきたロケ地では、この日に限ってこれでもかってぐらい、あちこちからの騒音で撮影に苦労した。
 この日、左足を捻挫してるのに、運転しなきゃならない劇用車がマニュアル車で、クラッチを踏む左足がますます傷めつけられた。
 ひょっとしたら、今回の仕事は神様がじゃましてるかも。先が思いやられる。

1999年11 月16日 (火曜日)

1999/11/16(無題)

 今日はとっても寒かった。

 気持ちばかりがはやる。
 なんだか落ち着かない。
 今日から新人くんと一緒に行動。

1999年11 月15日 (月曜日)

1999/11/15(無題)

 じわじわとクランクインの緊張が高まってきている。
 あと三日しかないというのに、やり残していることが山積み。

 今日は仕事の後、プロデューサーと演出部の方々と中華で夕食。
 たくさんの有り難い助言をいただいた。
 これまでのドラマの仕事ではクランクイン直前から参加していたのだが、今回は準備段階の早い時期から参加でき、勉強させられることがたくさんあって責任の重さを痛感する。
 きれいごとみたいだけど、あたり前のことなんだけど、今さらなんだけど、日々勉強。
 Kammyはまだ未熟者。

1999年11 月14日 (日曜日)

1999/11/14(無題)

 今日もロケハンだった。

 で、ロケハンでそこと決まれば、その物件の主から撮影許可をいただかないといけない。
 で、で、ずっと捕まらなかったアパートの住人が在宅なのをやっと見つけた。部屋の明かりがついていたのだ。
 が、しかし、呼び鈴を何度鳴らしても、しつこくノックしても、まるっきり反応がない。きっと居留守だというのは経験上のカンでわかった。
 余裕がある時期なら、また今度あらためてというところだが、撮影日までもう日にちがない。やっと在宅なのを見つけたからには、なんの収穫のないまま、いそいそと帰るわけにはいかなかったので、こっちも相当しつこくノックを続けた。そしてかれこれ15分か20分ほどノックを続けた結果、やっとこさドア越しに「なんですか?」の言葉が返ってきた。
 予想通り女の子の一人暮らしだった。気持ちはよ~くわかる。女子大生だろうか、若い女の子が突然の来訪者にそう簡単にドアを開けるのは物騒な時代だ。けど、なんでそのひとことを最初に言ってくれないの。ドア越しでもいいから、ひとことでもいいから、交渉した末に断られれば、こちらもしかたなく引き下がるのに、なんの反応もなくちゃ、反応があるまでしつこくするしかないのよね。こっちだってそんなことをするのは胸が痛いんだよ。はたから見れば怪しい人にしか見えなかったろうな。

 そうしてなんとか交渉はできたのだけども結論はあしたに持ち越し。正直言って感触はやはりよくない。これは困ったことになりそう。

1999年11 月13日 (土曜日)

1999/11/13(無題)

 今日は七五三だったらしい。

 Kammyは今日もロケハン。

 で、それが終わった後、moritaと焼き肉を食べた。
 moritaのほうがたくさん食べたのに、支払いはKammyのほうが多かった。

 足がつりそうになった。疲れか?
 さしあたって、眠い。寝よ。

1999年11 月12日 (金曜日)

1999/11/12(無題)

 今日もロケハンだ。天気が悪くて、あまりはかどらなかったけど。景色のいいとこ探してたから、暗いと見えないのだ。

 ロケハンの後、大学時代の同級生アサオが仕事の研修で東京に来ているというので、在京の当時の友人たちと呑んだ。
 Kammyは仕事の都合で二次会から遅れて参加だったが、結果的にそれが功を奏した。

 その呑みの後、アサオが今夜泊まるのがうちの近所の妹さんとこだったので、Kammyが車で送ってあげようとしたのだが、生まれて初めて、警察の検問に捕まってしまったのだ。
 初体験の飲酒検査器(?)に緊張したが、幸い二次会からの参加だったおかげでほとんどアルコールを飲んでなく、その測定器は無反応。正直にビールを一杯程度しか飲んでないと言ったら、無事無罪放免となった。
 皆さん、飲酒運転はやめましょうね(^_^;)

 で、その後、最寄り駅の近くでアサオの妹さんと初対面。
 彼女のうちまでふたりを送ってあげたら、「まあ、お茶でも」ということになり、お言葉に甘えて、しばしおじゃました。

 で、そこで驚いたのが、その妹さん、三味線を持ってらしたのだ。
 今時三味線を弾く人なんて、初めてお会いした。さすがに今日は弾いてもらいはしなかったが。

 久しぶりにいろんなことのあった充実した一日だった。満足満足。

1999年11 月11日 (木曜日)

1999/11/11(無題)

 今日は平成11年11月11日ということで世間的には盛り上がっていたみたいだけど、あんま興味ない。

 クランクインまであと一週間だというのに、まだまだロケハンが続く。
 今日は美術打ち合わせもあった。

 なんか、風邪ひいちゃったみたいで頭がボーッとしている。

1999年11 月10日 (水曜日)

1999/11/10(無題)

 今日は赤坂で、クランクイン前の一大イベント、顔合わせだった。
 出演される役者さんや、携わるスタッフが一堂に会した。
 いよいよ始まったって感じ。

 ところで今回の作品では、スタッフルームが世田谷の砧スタジオにある。
 都心なもんで、玄関先には芸能人目当ての追っかけ女子高生などがたくさん覗きにきている。
 そんな中をKammyが玄関から出て行くと、彼女らがお目当ての芸能人が出てきたんじゃなかろうかとこっちを見るのが、ちと恥ずかしい。
 Kammyは結構恥ずかしがり屋なのである。…自分で言うのが、また恥ずかしいが。

1999年11 月 9日 (火曜日)

1999/11/09(無題)

 今日のお仕事は、監督や美術関係の方々を連れてのロケハン。
 まだまだ問題多し。多難である。
 あ、今朝は遅刻したんだ。情けないが、嫌なことは早く忘れよう。

 さて、今夜は夕食をジョナサンで食べた。ちなみにひとりで。
 食事中に気が付いたのだが、食器を下げていたウエイトレスのブラジャーの肩ひもが肩からずり落ちていた。
 そのときは裏で直すのかなと思ったが、彼女はKammyがその店にいたあいだ中、そのままで仕事をしていた。
 単に直しても直らなかっただけかもしれないが、妙に仕事熱心に見えたから不思議。

 ところで、別に見ようと思って見たわけじゃないけどさ、ファミレスの制服ってなぜか透けてみえることが多くない?
 色物のブラだったりすると、がぜん目立つ。ちなみに肩ひもずれてた彼女はピンクだった。
 で、気になりだすと他のウエイトレスのブラの色も確認したくなってしまうってのが、おやじ臭いと思いつつも、結局ブルーと白だった(^_^;)

 彼女たちも透けてみえるのは自覚しているんだろうから、いわゆる見られても構わない下着なんであろう。
 そう思うと次に気になるのが、今日はいなかったが、たまに見かける黒の下着をつけている女の子。

 黒の下着がセクシーな場合があるのはわかる。
 が、しかし、ファミレスの制服って概してかわいい系なことが多く、少なくともKammy的にはミスマッチに思えてならん。
 黒のブラをしている彼女らは、それで良しと思っているのだろうか?Kammyの目には、すごく不思議な光景に写る。
 一度尋ねてみたいものだが、そんな勇気はない。誰か教えて。ひょっとしてそんな女の子は黒の下着しか持っていないとか!?それはそれで末恐ろしい。(…って、なにが!?と、自問自答)

 てな話題にひとりで盛り上がってしまうと、ますます“おやじ化”に磨きがかかってしまうと自覚するKammyであった。

« 1999年10 月 | メイン | 1999年12 月 »

最近の居場所

  • コロニーな生活☆PLUS
    ※携帯電話&スマートフォン用 位置ゲー『コロニーな生活』のWebView機能で表示しています。

    コロニーな生活

最近のつぶやき

Kammy PRESENTS

  • かみぃの丘
    Kammyhills
  • Since: Friday, June 18, 1999
  • Copyright © 1999-2017 FilmCrew.jp. All rights reserved.