« 2002年3 月 | メイン | 2002年5 月 »

2002年4 月 からの 10 記事

2002年4 月30日 (火曜日)

2002/04/30(無題)

 今日は先の仕事の最後のバラシ。いつも悩みの種の清算も今回は簡単に終わってしまったので、あっけなく自由の身。

 夜はmoritaと会った。彼の言葉に躍らされ、ついつい新しいデジカメを買ってしまった。ミノルタの最新機種、ディマージュF100。
 確かに欲しかったのよ。先の仕事でカシオのXV-3が大活躍してくれたのだけども、Kammyの仕事で必要とする機能としては今一歩役不足だったので。普段使う分にはXV-3でも今だって満足してんだけどもさ。
 それに写真・カメラに関してはミノルタユーザーのKammyとしては、デジカメもミノルタ製が欲しかった。ただこれまでのミノルタのデジカメは、ミノルタびいきのKammyから見ても、いまいち触手が伸びなかったのだけども、今年になってディマージュXで一気にブレイクしたというか、やっとユーザーの視点に降りてきたって感じがしてきた矢先だったせいもあってね。
 でも売れ筋のディマージュXじゃなく、たぶんほどほどにしか売れないであろうF100にしたってのは、やっぱり仕事に使うことが念頭にあるから。近いうちにファーストインプレッションをお届けできるでしょう。

 蛇足で、お買い物ついでにCD&MD&ラジカセまで買ってしまいました。これで型落ちで余命幾許もないPCでCDを聴かなくてすまなくなります。

2002年4 月28日 (日曜日)

2002/04/28(無題)

 なにはともあれ、本日クランクアップ。夜は打ち上げでした。

2002年4 月24日 (水曜日)

2002/04/24(無題)

 東京に帰ってきたど。
 明日から大詰めの東京ロケ。

2002年4 月23日 (火曜日)

2002/04/23(無題)

 多難な今回のロケ。
 準備段階から拉致されたかのように軟禁状態。口ばっかの上司に振り回されて、仕事はいっぱい。
 なんとか乗り切った京都ロケが終わって、長野への移動中に部下の大チョンボが発覚。それ以降ますます仕事が増えた。
 今日は白樺の原生林でラストシーンの撮影があった。早朝に雲海も見た。ここの大自然は、予想していたより遥かに圧倒的。ネイチャー写真が撮りたくなった。
 ただ、またまた大きなトラブル発生。さらに現在進行形でも問題が…。
 そんな長野ロケも明日で終わり。今夜はちょっとした宴会。
 明日帰京で、あさってから大詰めの東京ロケだ。頭の痛いまま…。

2002年4 月 7日 (日曜日)

2002/04/07(無題)

 今日は東京分のロケ場所の詰め作業。
 その途中、数年前まで仕事でお世話になった人に会った。実は今回のロケ候補地のひとつがその人のお宅のすぐ目の前に決まったの。そこでロケをするかどうかは撮影が始まらないと決まらないのだが。

 詰め作業はまだ完璧ではないのだが、明日から信州分の詰め作業に向かう。予算もスタッフも不足の状況で、不安いっぱいの日々が続く。

2002年4 月 5日 (金曜日)

2002/04/05(無題)

 ついにJ-フォンが契約者数でauを抜いて業界2位を奪取したそうだ。最近の写メールブームの勢いからすれば時間の問題だったろう。永らくJ-フォンユーザーであるKammyもちょっとばかしうれしい、かも。
 まだ東京デジタルホンという社名で、忌野清志郎がCMキャラクターだった頃からだから、かれこれ6~7年か。…と、打ってみて驚いた。あの頃からもうそんなに経ってんだ(汗)。
 記憶が確かなら今使っているJ-フォンは7台め。ほぼ1年に一回機種交換している計算だ。東芝製→パナソニック製→デンソー製→ケンウッド製(ここでメール対応。藤原紀香効果でJ-フォンブランドが一躍メジャーに)→シャープ製(ここから機種名が「J-**」となる。ちなみにそれまでは「DP-**」。裏技でWEBに繋がったが容量が少な過ぎて実用にならず。たぶんJ-SKYへの布石だったんだと思われる)→デンソー製その2(ここでJ-SKY対応)→デンソー製その3(ここでカラー化)と渡り歩いてきた。
 この遍歴を見て明らかなように、個人的にはデンソー製が一番使い易いと感じている。特にデンソー製その2はとっても気に入っていた。今使っているその3はカラー化したせいで、屋外での視認性が著しく悪くなって魅力半減してしまったが。
 それから、J-フォンはメールに関してはかなり先進的だった。今の写メールブームの基礎となるのだが、このメールの魅力があったからこそ、延々と他社へ乗り換えることなく使い続けてきたと言える。
 にもかかわらず、今使ってるJ-フォンは写メール未対応。こいつもかれこれ一年以上になる。そろそろ買い換え時だなぁ…。

2002年4 月 4日 (木曜日)

2002/04/04(無題)

 とうとうアステルPHSを解約した。ドコモPHSのメニューサイトのあまりの貧弱さに、アステルへの後ろ髪も感じたが、まぁ、一年以上新機種が出てこないアステルも相当に末期症状であることに変わりはなく、とりあえず距離を置く意味でも解約を決行。
 それにしても今思うと、アステルの公式メニューは意外なほどに充実していたことに、今さらではあるが感心。もちろんiモードやJ-Skyなどと比較してはいけないと思うが、ドコモにお荷物扱いされているとしか思えないパルディオに比べればまだ“攻め”の姿勢があったと思う。新生アステルに復調のきざしが見えたら再度の乗り換えも考慮したい。

 今日は仕事のあと、moritaとお食事した。
 今回の仕事のクランクインもまじかに近づいており、しばらくはこれが最後の息抜きとなるだろう。実のところ、ロケハンに絡んでちょっとしたトラブルが発生していて、頭の痛い週末になりそうなのだ。仕事はいつでも楽ではありません。

2002年4 月 3日 (水曜日)

2002/04/03(無題)

 早々にアステルPHSを解約しに渋谷のショップに出向いたのだが、あいにくの定休日。
 やっと手に入れたNTTドコモの新PHSはかなり多機能なパルディオ633S。純粋に電話機として見た場合にはさしたる不満もないのだが、でも面白味のかけらもない。良く言えば硬派だが、それよりもカード型PHSに押されがちな普通の電話機タイプPHSの現状を象徴しているように感じてしまう。

 最大32和音メロディの着メロやら65536色のカラー液晶、インターネットにつなげられ、iモード対応の勝手サイトも見られるブラウザ機能、さらにこれまで使っていたアステルPHSの特徴であった、通常のインターネットメールの送受信ができるPOP3対応。さらにさらにこれがこの機種の最大の特徴であるBluetooth搭載(!)と、最新機種にふさわしい内容。
 …なのに、いじっててもぜんぜん面白味がない。どうもいろんな機能・性能がどれもこれも、「時代がそうだから付けてみました」感がぬぐえない。やる気がぜんぜん感じられないんである。

 一年前に買ったアステルの「.i」(ドットi)端末での、POP3のメール対応という仕様には、他社とは違う魅力を取り込もうとしたアステルの意気込みを感じて応援する気にもなったのだけども、今回のこいつのPOP3対応には、「どーせ“きゃらメール”は過去のものだし、自分のE-メールで使ってよ」という投げやり感しか感じられない。iモードの勝手サイトが見られるブラウザにも、それがiモード代わりになる魅力より、「今さらiモードみたいなのをPHS用に新しく構築するするのは面倒だし、巷にあふれる勝手サイトで充分でしょ」というNTTドコモの姿勢を感じてしまう。
 具体的にどうしてそう感じてしまうのかは自分でもよくわかんない。Kammyの直感としか言いようがないのだが、ただアステルのドットiにせよ、たとえばCASIOのl'agenda(ラジェンダ)やミノルタのα-9にせよ、開発者の熱意というのは些細な形で、なんとなくユーザーに伝わるもんだ。このNTTドコモのPHSには、それが見当たらない。強いて言えばBluetooth搭載ということなのだろうが、これも「付けてみました」以上のものではない。メーカーの“工夫”ではないってこと。

 いじり始めで、とりあえず非常にがっかりしたのは、標準メニューサイト内の着メロサイト。「着メロ」という呼称は確か東京電話のTTNetの登録商標なので、「着メロディ」と表記されている。まぁそれはよいのだが、その中のジャンルが、「クラシック」「童謡」「外国民謡」「国歌」という地味な四つしかない。そう、最新のヒット曲はもちろん、歌謡曲もCMソングも映画音楽もアニメソングも無いのでやんの。これは要するに著作権料のかかるやつは一切登録されていないってこと。それもあってか、何曲ダウンロードしても無料だぜ、万歳!(苦笑)
 どうしても最新曲が欲しければ、自作するか、きっとどこかにあるであろうiモード対応勝手サイトから探してこいということらしい。着メロや壁紙といえば、今どきのケータイ&PHSでは、買ってきて最初に自己主張できる必須項目でしょうに、それがこんなていたらくでは、その他の部分でもそのやる気のない姿勢は透けて見えてしまう。
 潰れてしまった今は無きNTTパーソナルの尻ぬぐいでPHS事業を引き受けたドコモとしては、きっと新たな設備投資はしたくなかったのだろう。そういう判り易い企業姿勢は、迷惑ダイレクトメールのパケット料金でボロ儲けしておき、その対策は最小限にとどめようとする企業らしいとは思うのだが、それにしてもとりあえずジャンル数を多く見せようとしたのか、「国歌」というのはすごいところをもってきたもんだ。そこにはもちろん日本もあるんだが、君が代を着メロなんかに使ってたら特殊な思想の持ち主だと思われることうけ合い。人とは一味違う自己主張ができそうだ。

 皮肉ばかり書いてるが、端末としてはそんなに出来が悪いわけではない。とりあえず触った範囲では、液晶の反応がえらく緩慢なのと、売りのひとつであるPOP3対応のメールの登録が接続先電話番号との1対1対応方式の上、その登録可能数があまりに少な過ぎることが不満なぐらい。それ以外はJフォンでは主力端末メーカーのシャープ製らしく、そつなくまとまってる。液晶の美しさは“液晶のシャープ”ならではだろう。
 けどやっぱり今どきのケータイ&PHSにしては“遊び”の部分が無さ過ぎてもの足んないんだよなぁ。

2002年4 月 2日 (火曜日)

2002/04/02(無題)

 TTNetの東京電話アステルPHSが事業譲渡されるらしい。
 ほとんどの人にはどうでもよかろうこのニュースにKammyは慌てた。だってKammyは東京電話アステルユーザー。解約しちゃおうかと思いながらも、意外と要所要所で使う機会のあるアステルPHSを使い続けていたのだが、今度ばかりは解約を決意。
 事業譲渡されてもサービス自体はこれまで通りとのことだが、申し訳ないが譲渡先の企業は聞いたこともない会社だったので、ちょっと続けて付き合う勇気はなかった。
 解約決意の理由はもうひとつあって、実は今月は年間契約の更新月。ここで機会を逃すとさらに1年待たねば解約時に違約金を払わねばならなくなるのである。

 で、さっさと解約すればいいのだが、PHS自体はまだ使いでがあると思っているので、乗り換えを検討。
 まぁ、選択肢はDDIポケットかNTTドコモしかないわけで、こないだCF型PHSを買って間もないDDIポケットにすれば基本料を安く押さえられる。…にもかかわらずひねくれもののKammyが選んだのはNTTドコモ。
 携帯電話のJフォンと併せ、これでNTT系、KDDI系、日本テレコム系の三大移動通信網を文字どおり網羅したことになる。
 んなことを自慢してもなんのメリットもないのだが、賢明な読者ならすでにお気づきでしょうが、要は新しいぴっちを買っちゃいましたってことであります。
 夜になって購入したので物自体は明日受け取りなんで、ショッピングレビューはまた後日。

 話は変わりまして、今日のお仕事。
 やっと、ほんとにやっと東京のロケハンが一応終わった。
 なかなか監督からOKを貰えなかった2つの物件を昨日ロケハン。今日それを監督他関連する主要スタッフに見せてOKをいただいた。
 一つはずっと難題だった物件なのだが、これは閉鎖されたと言われていた貸スタジオが実はまだ使えると判明して急展開。ったく、最初からそこが使えると判っていたら今回のロケハンの半分は必要なかったのに。
 もう一カ所は、設定が長野なのでそれらしく見えるとこを探さなくちゃいけなくて、都心からどんどん遠ざかりながらのロケハン。結局今日決まったのは他のロケ地からはちょっと遠い、撮影的にはちょっと不便な場所。
 とにもかくにも、今回の仕事のひと山は超えることができた。明日から次の山が待っている。

2002年4 月 1日 (月曜日)

2002/04/01(無題)

 唐突ですが、「理想のタイプを芸能人に例えると?」って訊かれたなら、なんて答えますか?
 Kammyは昔は三田寛子、山口智子あたりだったんですが、たぶん今なら岡本真夜。彼女の場合、もちろん歌の影響が大きいんですが、Kammyは多分に雰囲気で気に入っちゃう方。
 そんな性分なので芸能人とかかわる仕事をしていても、現実の芸能人にはあまり興味がない。偶像は偶像のままでいてほしい。タレントって、やっぱりテレビやらスクリーンやら舞台で見てこその芸能人。
 ほんとは職業柄、一般の人たちに比べれば芸能人がかなり身近な存在であることは事実。さして親しくはないけど、“同じ釜の飯を食う”関係だし。それでもやっぱり壁はある。
 うちらにとってタレントさんは“芸能人”という業種の取引先みたいなもん。もっと極論すれば、うちらの商売にとっては、ある種の“商品”とも言える。だからそこには、「取引先を怒らせてはいけない」とか「商品を傷つけてはいけない」といった、どこの社会にも共通する不文律があるんだな。
 だがしかし、まれにこの不文律を超えてしまう人や破ってしまう人もいたりする。どこの社会でもいっしょだとは思うが。

 「女優の中江有里がテレビ制作会社の男性と結婚」というニュースを知って、そんなことを考えた。

 実はもう一つ思ったことがある。
 中江有里って、ニュースで取り上げれるほどに知名度高かったの?
 …Kammyは彼女を知ってたです。念のため。

« 2002年3 月 | メイン | 2002年5 月 »

最近の居場所

  • コロニーな生活☆PLUS
    ※携帯電話&スマートフォン用 位置ゲー『コロニーな生活』のWebView機能で表示しています。

    コロニーな生活

最近のつぶやき

Kammy PRESENTS

  • かみぃの丘
    Kammyhills
  • Since: Friday, June 18, 1999
  • Copyright © 1999-2017 FilmCrew.jp. All rights reserved.