« 2002年11 月 | メイン | 2003年1 月 »

2002年12 月 からの 8 記事

2002年12 月30日 (月曜日)

大晦日前夜

 とうとう本年も残すところあと二日。
 毎年好例の来年のアイドルカレンダーをまだ買っていなかったので、帰り道のコンビニで売れ残っていた井川遙と松浦亜弥とで、井川遥の方を購入した。どちらにも思い入れもないので、どっちでもよかったんだが、一応ちょっとは大人の方をということで。
 いわゆる癒し系と呼ばれる彼女だが、なぜかKammyは彼女をそうとは感じない。買っといてなんだが、どうも彼女の写真を見てると、単に無表情なだけにしか見えないんだな。いつから癒し系って「暖かく受け止めてくれる人」から、「感情をあらわにしない無表情な人」に変わっちゃったんだ?
 う~ん、毎日うちに帰ると、この微妙にほくそ笑んだ何考えてるかわかんない顔が待ってるのか。まだあややの方を買っとくべきだったか。元気出そうじゃん。今年最後の失敗かも。そうは言っても、いずれにせよ所詮売れ残り品だわな。

2002年12 月25日 (水曜日)

『火山高』観たよ

 クリスマスだからというわけではないのだが、ド派手な映像で話題の韓国映画『火山高』<http://www.kazanko.com/>を観た。
 う~ん、結論から言うと、ダメ。すごく期待してたんだけどねぇ。いや、映像的には頑張ってると思うが、あまりに内容がなさすぎ。
 この映画でハリウッドに喧嘩を売るってキャッチコピーだが、B級ハリウッド映画の方がまだマシ。こういう作品に高尚な含蓄を求めやしないのだが、吹っ切れ方としても、宣伝で流れている以上のものはなく、肩すかしを食らった。
 まぁ、映像技術的にはすごいと思うけど、発想の乏しさがありあり。日本のアニメーションで見慣れた構図を実写化しているだけだから、『マトリックス』以後の今どきじゃ目新しさもない。クライマックスのラスタチ(業界用語で「ラストの立ち回り」の略)も、「え、これでおしまい?」って感じ。もっとすごい必殺技を期待してたのに。
 唯一面白かったのは、敵役の最強教師が、外見は普通のおじさんだったこと。『マトリックス』そのままの黒いコートを着てなきゃ、ただのおじさん。全然強そうでも恐そうでもないけど、めちゃくちゃ強い。日本人とまったく同じアジア顔なせいもあるけど、“気”が武器になる東洋人だからこその配役だと思う。
 いずれにせよ、痛みのないアクション映画、成長のない青春映画、障害のない恋愛映画は、観ていて退屈なだけ。

2002年12 月24日 (火曜日)

メリークリスマス!

 巷ではクリスマスだとか、イヴだとかで盛り上がってる。が、Kammyには無縁。まぁ、華やいだ気分は嫌いじゃないので、世間が盛り上がるのは、それはそれで楽しい。
 そんなところへ、妹からグリーティングカードなるものが届いた。名義上はまだ一歳の姪っ子からだったが。
 クリスマスプレゼントをくれだと。ついでにお年玉も。そうは言っても広島は遠過ぎる。今年もお正月にも帰りません。うーん、次に帰郷するのはいつになるやら。

 ところで、とのみ倶楽部のホームページ、やっぱりクリスマスには間に合いませんでした。一応、次なる目標はお正月公開だが、まだまだ未定。うーん、これもいつになることやら。
 次々とサイトを立ち上げてるから、気合いだけが先立っちゃうのがいけないんだよなぁ。オープン当時の『かみぃの丘』みたいに、もっと気楽に始めればいいんだが。

2002年12 月20日 (金曜日)

ピンぼけ

 鶴田真由さんが結婚されたそうだ。
 久しぶりに公式サイト<http://tsurutamayu.com/>を拝見したら、トップページに結婚式のときのものと思われる写真が掲載してあった。彼女の笑顔が素敵なのと同時に、写真としてはピンぼけなんだけど、それもまた味があっていい。
 う~ん、写真て面白い。

2002年12 月15日 (日曜日)

第2回とのみ倶楽部撮影会

 今日は急遽決まった第2回とのみ倶楽部撮影会。

 撮影に先立って、新宿の映画館で山田洋次監督入魂の本格時代劇『たそがれ清兵衛』を鑑賞。
 地味だけど丁寧に作られた良質の作品ですね。こういういい作品がヒットしているというのは邦画界にとって良い傾向だと思う。
 ここ最近、『KT』や『陽はまた昇る』など、過去を題材にしながらもバブル後の現代にリンクさせる企画の作品を何本か観たが、その中でもさすが巨匠だけあって、一番安心して観てられた。

 映画の話はとりあえずこのぐらいにして、撮影会。
 なお今回はとのみ倶楽部の公式サイトのオープン間近(12月24日 or 25日オープン!?あくまで予定)なので、写真は掲載しません。そちらに撮影会報告のコーナーを創るつもりなので、オープン後にそちらでご覧になってください。<単に疲れてるので面倒くさかっただけかも。(^^;)

 まず晴海アイランド・トリトンスクエアへ。ショッピングモール兼オフィスビルといったロケーション。
 とりあえずひととき撮影後にそこにあるインド料理屋さんで昼食。

 その後、今回のメインロケ地である、勝どき橋へ。
 いやぁ、前回の東京タワー以上に難しい。日暮れ後まで頑張ったが、疲れたー。

 その後、築地の寿司屋で夕食。別に予定していたわけではないのだが、前回に引き続き、今回も寿司屋での夕食とあいなった。とのみ倶楽部撮影会は、このままグルメツアーとなっていくのか!?

 その後、さらに移動して、できたばかりの丸の内の丸ビルから東京駅を撮影して本日は終了。
 今回は前回と違って、撮影中ずっと徒歩移動だったのでめちゃめちゃ疲れた。もうそんな年か???次回は車がいいな。
 moritaくん、君も早く参加しようよ。おいしいものが食べられるよ。きっと。

2002年12 月11日 (水曜日)

移植

 PHPの基礎的な部分の勉強も済み、とりあえずのとっかかりとして、簡単なPerlスクリプトを一週間ほどかけて移植してみた。

 移植したのはアクセスログの解析スクリプト。公開していない裏方のスクリプトだ。いきなり表舞台に出るスクリプトを組むのはさすがに躊躇した。
 大方の関数はPerlからPHPに対応させることができたので大して時間も掛かるまいと思ったのだが、結果的には一週間も掛かってしまった。やっぱり似てる関数も細かいところで仕様が違っていて一筋縄ではいかなかった。
 変数の仕様の違いにも苦労したが、それ以上に厄介だったのが、正規表現に関する関数。うまいことにPHPにはPerl互換の正規表現関数があって、Perlで覚えた正規表現がほぼそのまま使えた。Perlといえば正規表現というくらいPerlのスクリプトの中で大活躍している正規表現がそのまま使えるのは助かる。…と思ったのが甘かった。微妙な扱い方の差のために何度もエラーが出て、そのデバッグに手間取ってしまった。

 ともかくひとつのハードルは越え、スクリプト言語としての移植作業のめどは立った。あとはKammy独自のシステムとしての仕様を移植できるかどうかだ。Perlでしか実現できない仕組みを使っているので、これをPHP上でどのように再現するか。これにはあともうひとひねり、知恵を絞らなくてはならない。

2002年12 月 9日 (月曜日)

 朝、うちを出たら銀世界だった。
 天気予報を見ていなかったのでびっくり。思わず年がいもなく、はしゃいでしまった。
 そりゃ寒いはずだ。

2002年12 月 3日 (火曜日)

繰り返される悪夢

 あろうことか再度仕事が流れた。いや、今回は厳密には延期。そうは言っても、しばらく仕事がないことに変わりはない。参った。

 そんな悪夢から気をまぎらわそうと(※世間一般には「現実逃避」と言う)、映画を観に出かけた。
 それなのに「ザ・リング」を観てしまった。よりにもよって悪夢映画だ。
 実はKammy、日本版の「リング」を未見だ。それもあって観ようなんて思ってなかったんだが、他も取り立てて観たい映画がなかったのと、時間的にちょうど良いのがなかったので、ついつい観てしまった。これこそ魔がさしたというやつだろう。

 いや、映画的には面白かったよ。けど、恐くないね。ホラー映画というより、登場人物に幽霊を加えた、謎解きサスペンスって感じ。
 日本版も原作も知らないせいか、そこそこ楽しめた。日本版の方が恐かったという噂だし、日本版を観てたらどうか解んないけど。

 話は変わって、こないだも書いたように、サイトの表示スクリプトをPHPに切り替えようと勉強しているんだが、これがやっぱり大変な作業になりそう。
 プログラミング言語としてのPHPはそんなに難しくない。懸念していた日本語処理に関してはPerlよりよっぽどか楽なことも解った。HTML出力に特化されているといってもいい数々の関数も、PerlよりHTML出力向きだと言える。

 問題は、今Perlで実現している表示スクリプトを簡単には移植できそうもないということ。
 HTML出力に特化されているといってもいいほどのPHPの便利な関数群は局所的にはかなり有効で、今一からスクリプトを組むならPerlより楽だろう。
 でも、今この『かみぃの丘』や『Tonomi Jetty Park』を表示させているPerlの表示スクリプトは、それこそ『かみぃの丘』スタート前からの試行錯誤の末に完成させた集大成で、自分なりにかなり使い易い。
 関数などは変わってもいいから、システムとしてこの表示スクリプトを再現できなければ、個々の関数がいくら使い易くても、Kammyとしてはやっぱりダメなのだ。

 PHP化は諦めようかとも考えたのだが、懸念していたPHPの日本語処理部分が、逆に今となっては一番の魅力となってしまって、それを利用するためにPHP化を諦められない。
 いきなり『Tonomi(無印)』を再構築するのは大変だと目に見えているので、とりあえず『とのみ倶楽部公式サイト』を手始めに創ろうと思っているのだが、もうしばらくかかりそう。頭が痛い。

« 2002年11 月 | メイン | 2003年1 月 »

最近の居場所

  • コロニーな生活☆PLUS
    ※携帯電話&スマートフォン用 位置ゲー『コロニーな生活』のWebView機能で表示しています。

    コロニーな生活

最近のつぶやき

Kammy PRESENTS

  • かみぃの丘
    Kammyhills
  • Since: Friday, June 18, 1999
  • Copyright © 1999-2017 FilmCrew.jp. All rights reserved.