« 2003年4 月 | メイン | 2003年6 月 »

2003年5 月 からの 9 記事

2003年5 月28日 (水曜日)

お役所仕事

 夜1時過ぎに仕事から帰ってきて、駐車場に車を置いて自宅を目指したが、途中で財布を紛失したことに気づいた。最初は車に忘れたのかと思って、駐車場まで戻ったが、車の中には見つからない。
 散々探したが見つからず、諦めて交番に出向くと、ちょうどおまわりさんが拾得物届けを書いている自分の財布を発見。優しい人が交番に届けてくれていたのだ。ほっとしたが、事務手続きとして、そのままでは返してもらえず、目の前にある財布の紛失届けを書かされた。
 自業自得だが、ちょっと憤りを感じるお役所仕事…。

2003年5 月25日 (日曜日)

衣更え

 よこちんのサイト<http://www.geocities.co.jp/Outdoors-River/8971/>が模様替えしてた。それに感化されてうちも模様替えしたいと思ったが、あんまり時間がない。

 ここんとこ増え過ぎたメールアドレスを整理しようと、ずっとそのアドレスリストとにらめっこしていた。
 複数のWEBサイトを運営してて、それぞれにメールアドレスを割り振っているので、普通の人より増えるのは仕方ないとしても、気がつくと20個以上のメールアドレス。もちろん受け取るのはKammyひとりなので、それぞれに転送をかけている。
 最初の頃はメールアドレスも数個だったので頭の中で転送経路を組み立てられていたのだが、現在は所持している独自ドメインが2つに、契約プロバイダーも増えてしまい、頭の中だけじゃ転送経路が想像できなくなってしまった。単に一ヶ所に向けて転送すればいいってほど単純じゃないのよ。

 まず第一に、たくさんアドレスがあっても、いくつかの系統にまとめたい。
 連絡メールは携帯メールへ転送して即確認できるようにしたいが、メールマガジンなんかは携帯に飛ばしたくない。が、暇なときには携帯でも読みたい。
 現在利用しているPHSがPOPサーバに対応しているので、暇なときにはこれで一気に取り出して読むのだが、一ヶ所に固めたサーバから読み出そうとすると、重要なメールが埋もれてしまいかねないので、取り出し用POPサーバは暇つぶし用とプライベート用に分けときたい。
 などなど。

 そんなこんなを考慮しながら転送経路を組んでいくと、やっぱり減らしきれずに、通過させるだけのアドレスも含めて、30個近くをやりくりするハメになった。
 おいおい、増えてるじゃんと思ったが、それでも、整理する前よりよっぽどか体系付けられたので良しとする。

 ということで、トップページにお知らせしてますように、プライベート用アドレスをtonomi.jpドメインで新設しましたので、関係者の皆さん、アドレス帳の変更をお願いいたします。これまでのtonomi.comドメインでの私用アドレスは、来年以降廃止してしまうかもしれませんので。
 なお、この『かみぃの丘』用のメールアドレスは、新設した私用アドレスとほぼ同等の扱いとなっていますので、出先などの場合、ここの送信フォームから送っていただいても、たぶん連絡がつくと思います。…完全に同じ扱いというわけではないのは、ある種のこだわり。(^^;)

2003年5 月19日 (月曜日)

『あずみ』を観たよ

 待ちに待った『あずみ』、ついに観ました。でもって、感想をば。

 あずみサイコー!上戸彩サイコー!!オダギリジョーの切れっぷりもめちゃサイコーっ!!!
 さ、儂もこの世知辛い世の中を生き抜くために、明日も仕事頑張ろうっ!

 てな感じ。
 いや、マジで良かったっす。『たそがれ清兵衛』が中高年への応援歌だとすると、この『あずみ』は、若造への応援歌って感じで。
 公開前から不安いっぱいだった今どきの若造な上戸彩の演技も、この内容ならけっこうはまってた。安藤希の演じる咲夜(『さくや 妖怪伝』)、釈由美子の雪(『修羅雪姫』)と共に、平成三大女剣士の称号を与えよう。剣士としてのたたずまいは安藤希が一番貫禄があったと記憶しているが、エンターテイメント映画としての成熟度は『あずみ』の方が上。ちなみに釈由美子は、そのやられっぷりが素晴らしかった。映画としてはダメダメだったけどさ。上戸彩には『あずみ2』(あるよね、きっと)に期待しよう。

 そんなことより、同時期に公開の時代劇『魔界転生』とのこの落差はなんなんだ。
 破天荒な内容なのに、ろくに弾けられなかった『魔界転生』より、この『あずみ』の方が全然思い切りよく弾けまくっている。冒頭からスクリーンの隅々にみなぎる緊張感がたまんない。いきなりのバトルロワイアルから一貫した世界観が揺らぐことなく、個々のキャラがよく立ってて、やられ役も無駄になってない。上戸彩の魅力だけではない、地に足のついた立派な立ち回り。2時間24分と比較的長い映画なのに、まったくそんな時間を感じなかった見せ場の数々。勧善懲悪でもダークヒーローでもない、理不尽でえげつない内容なのに、見終ったあとのどこか爽快なこのカタルシス。
 うーん、よかった。

2003年5 月17日 (土曜日)

再会

同級生
同級生

 昨夜のことだが、久しぶりに専門学校の同級生たちと再会した。
 一昨日、急に招集がかかったにもかかわらず、15名ほど集まってた。“同窓会”という名目でもないのに、よくもまぁ、集まったもんだ。
 写真はその二次会の模様。

同級生
同級生

 卒業してから、かれこれ6年が過ぎたというのに、皆、ほとんど変わってない。その中でも一番代わり映えしないのはKammyだと言われてしまったが。

同級生
同級生 同級生

 Kammyは途中でダウンして眠ってしまったのだが、起こされたときはすでに夜明け。
 Kammyを含めた数人は、次の日、つうか、すでに今日、当然のように仕事があったので帰宅したが、残る何人かはさらにラーメンを食べに行ったらしい。

 お陰で今日のKammyは二日酔いで仕事にならなかった。一応、多少はロケハンをしてたんだが、ぼーっとした頭で見て回っても、まったく身にならないし、車を運転していて、気持ち悪くなった。

 そういうわけで、今日は早めに仕事を切り上げ、またまたよこちんと会った。
 夕食後、また浦和まで送ったのだが、今日は道に迷うこともなく、ちゃんとうちに帰れたのでした。

2003年5 月11日 (日曜日)

えんやこら

 ロケハンで静岡県富士市に行ってきた。
 一週間前に御殿場に連れ出されたときは、まさかわずか一週間後に、さらに遠くに出かけることになろうとは思いにもよらなかったのだが、さすがに富士市は遠い。遠過ぎて、ロケは却下かなぁ。おまけに天気が悪くて、富士山も全然見えなかったし。

 夕方帰ってきて、久々によこちんと会った。
 そんでもって、浦和まで車で送ったんだが、いつの間にかヘッドライトのランプが二つとも切れてる。おまけに帰りは道に迷った。さらにさらに、やっと環七通りに辿り着いたと思ったら、事故の現場検証をやってるとかで大渋滞。
 一応、その辺は知らない土地でもなかったので裏道を抜けたのだが、さすがにライトの付かない車での夜の裏道は怖かった。幸い事故もなく無事うちに帰りついたのだが、なんだか不穏な空気。

 そんなけっこういろいろあった一日なのだが、静岡からの帰り道、もう一つ頭の痛い難問が発生していた。
 この『かみぃの丘』や『Tonomi Jetty Park』<http://www.tonomi.jp/>が間借りしているレンタルサーバー屋さんからメールがあり、うちの自作CGIスクリプトの負荷が甚大でサーバーダウンの恐れがあるため、早急に対処しろとのこと。『かみぃの丘』と『Tonomi Jetty Park』を合わせても、一日500~600名程度でしかない来客数で、こんな問題が起こるとはまったくの予想外。だって無印『Tonomi』<http://www.tonomi.com/>では、最盛期には1000名以上の来客がありながらこんな問題は起こったことがないんだから。
 うちに着いて、慌てて状況確認して驚いた。『Tonomi Jetty Park』に通常の50倍近い集中的なアクセスが発生しているではないか。その状況から、明らかに普通の閲覧によるアクセスではないのは判ったが、そんな言い訳をしても仕方ない。理由はどうあれ、うちのCGIにより共用サーバーに同居している他のサイトにも影響が及んでいるのだから。
 早急にメインのCGIに負荷軽減の暫定対策を施したが、集中アクセスが沈静化した今現在もレンタルサーバー屋さんによってアクセス数制限がおこなわれている模様で鬱。
 通常の50倍という集中アクセスには驚いたが、考えてみれば、今後来客数が順当に延びつづければ手の届かない来客数でもない気もする。『Tonomi Jetty Park』は、コンテンツ的に、まだもくろみの半分も完成していないし、『かみぃの丘』だって、もっとまめに更新すれば、今の数倍の来客数は狙えると思ってる。さらに『とのみ倶楽部』公式サイトがスタートしたら、それだって100名ぐらいの来客数は最初の目標とするつもり。
 来客数増大がサイト運営の第一の目的ではないけれど、順調に更新し続けたサイトには来客数もついてくる。ほとんど放置状態の無印『Tonomi』ですら、一時300台にまで減った来客数が、新年度を迎えて1000名近くまで復活しているんだから。
 そうすると、今回の事件は一過性のものではなく、やはり根本的な対策を考えとかなくちゃいけない重要案件だということになり、PHPを使った新プログラムで悩んでる場合じゃないような気がしてきた。ほぼ完成したと思いこんでいた現状のPerlによるメインプログラムの根本的な改良をしなくちゃ。
 やれやれ。

2003年5 月 9日 (金曜日)

『魔界転生』を観た

 昨日のことなんだが、話題の窪塚洋介くんと佐藤浩市が主演の『魔界転生』を観た。
 うーん、いまいち。全体を通して特撮や音楽は出来がいいんだが、脚本がお粗末すぎて、かなり寒い出来と言わざるをえない。あの手この手で面白くしようとしているのはわかるんだが、話運びが拙くて、場当たり的な印象がついて回る。それに、破天荒なおとぎ話なんだから、もっと弾けるべきでしょう。
 構成上、次は誰が転生してくるんだって展開をさせて、次々と敵キャラが登場するゲームタッチのチャンバラ映画って感じ。なのに、ラストに転生してくるボスキャラは、散々もったいぶって登場したわりに、あまりにあっけなく倒されちゃう。で、いよいよ十兵衛対四郎の決戦とあいなるわけだが、これがまたそれまでの殺陣に比べて盛り上がりに欠ける。見た目だけは派手にしようとしてるんだが、高揚感がついて来ない。
 役者に目を向けると、肝心の窪塚天草四郎が影が薄い。話題性はあるんだろうが、貫禄とか妖艶性からはほど遠い、はっきり言ってミスキャスト。側近のクララお品役の麻生久美子の方が圧倒的に存在感があって、四郎を食っちゃってる。佐藤浩一の柳生十兵衛は悪くないんだけどね。
 正直、観る前からあんまり期待してなかったんだが、その予想を遥かに上まわる駄作ぶりにがっくりでした。

2003年5 月 7日 (水曜日)

『ドリームキャッチャー』を観た

 昨日の予告通り、映画を観た。作品はスティーブン・キング原作のサスペンスホラー『ドリームキャッチャー』。
 うーん、内容的には“悪くないB級”。でも、客を選ぶなぁ。路線的には『サイン』に近い。大概の人は、くだらないって思うだろうなぁ。個人的には嫌いじゃないんだけど。日本でこんな作品の企画を立てたら、一笑に付されちゃうのが関の山って気が…。
 宣伝は巧かったと思う。謎めいた印象を先行させて、内容を知らせてないんだから。謎っぽいところは、意外と簡単にあからさまになるんだけど、その表面的じゃないところにこの作品の価値があるから、そんな先入観で観て欲しくなかったんだろうな。表面的な部分ではB級以外の何ものでもないから、それじゃ客呼べないと思うし。
 でも、はっきり言って、ビデオで十分。というか、あんまり面白くないんだよね。特異な世界観なんで感情移入しづらいし、大した教訓めいたものがあるわけでもない。スティーブン・キングファンと、ビデオのB級SFホラーを欠かさず観ているような人にだけお薦め。

2003年5 月 6日 (火曜日)

嬉しい?

 一昨日のことだが、ゴールデンウィークの連休真っ只中、GTレースの決勝を観覧しに富士スピードウェイにドライバーとして連れてかれた。いや、もちろん、レースに出たんじゃなくて、道中の運転手。
 仕事柄、世間が働いているときに休みがとれることが多いので、大概の連休は、仕事をしてるか、うちでじっとしているのだが、今回は渋滞するのが解っていながら、人ごみの中に突っ込まざるを得なくなった。
 コースぎわで観る迫力満点のレースはそれなりに興奮ものだったが、仕事と変わらない体制で、疲れることも少なからず。
 おまけに今月は仕事直後だというのに、金銭的にもかなり苦しい。にもかかわらず、半強制的な予定外出費で、これまた痛い。

 なんだか釈然としないまま、連休明けの今日も臨時のアルバイトに駆り出され、一応多少の収入にはなったものの、休みらしい休みが、ここんとこずーっとない自分にいらだちを覚える。

 そしてまた、追い打ちをかけるように、仕事の電話。今日の明日で、さっそく稼働しなければならないらしい。世話になってる先輩からの紹介だから、断るに断れない。今月いっぱいの仕事らしいけど、6月には、別の仕事がある予定。予定通りなら、これもまた休み無しで続くだろう。久々の連休がとれそうだったのに。

 仕事があることは悪いことではないはずだけど、ここ数ヶ月、ずっと休みらしい休みの記憶がない。にもかかわらず、働けど働けどお金は貯まらず。それどころか、ますます苦しくなっているような気がする。貧乏暇なし。
 明日は、半日ぐらいは休めそうなので、映画でも観に行くか。

 あ、それから、失くしたと思っていた腕時計があっけなく出てきた。今さらだと、素直に喜べない…。

2003年5 月 1日 (木曜日)

ご褒美

 腕時計を紛失してしまったようで、思い切って買い換えた。もちろんCASIO製。最新型のソーラーパワー&電波時計。最初に行った新宿西口のヨドバシカメラでは売り切れてて、何カ所か探したあげく、結局、渋谷のさくらやで手に入れた。しばらくすれば珍しくもない物となるだろうが、苦労して手に入れた物には愛着が沸く。大事にしよう。今回の仕事での自分へのご褒美さ。
 夜、久しぶりにmoritaと飲んだ。
 そして今夜は、徹夜で精算さ。

« 2003年4 月 | メイン | 2003年6 月 »

最近の居場所

  • コロニーな生活☆PLUS
    ※携帯電話&スマートフォン用 位置ゲー『コロニーな生活』のWebView機能で表示しています。

    コロニーな生活

最近のつぶやき

Kammy PRESENTS

  • かみぃの丘
    Kammyhills
  • Since: Friday, June 18, 1999
  • Copyright © 1999-2017 FilmCrew.jp. All rights reserved.