« リコー Caplio(キャプリオ) R6 ファーストインプレッション【実写編その5】 | メイン | ヒナ孵る »

2007年5 月19日 (土曜日)

リコー Caplio(キャプリオ) R6 ファーストインプレッション【実写編その6】

 Caplio(キャプリオ) R6ファーストインプレッション実写編、最後は動物園の動物たちと小物類です。


《2009/08/30修正》
このエントリーの写真を写真ブログ『DSLR+α写真館』に移動しました。
移動先:DSLR+α写真館: リコー Caplio R6【実写その6】
写真はDSLR+α写真館の写真倉庫にしている「So-net Photo」にリンクしています。


リコー Caplio R6【実写その6】
 1/350秒, F5.2, -0.5EV, ISO135, WB:オート
 たてがみや草の細かさをちゃんと表現できてます。


リコー Caplio R6【実写その6】
 1/80秒, F5.2, 0.0EV, ISO200, WB:オート
 近寄れないこういう場所では200mmの望遠が大活躍。


リコー Caplio R6【実写その6】
 1/320秒, F5.2, -0.5EV, ISO200, WB:オート
 ゾウさんの大きさがわかりますか?


リコー Caplio R6【実写その6】
 1/190秒, F5.2, 0.0EV, ISO190, WB:オート
 鳥の羽毛にもキラキラが。


リコー Caplio R6【実写その6】
 1/100秒, F5.2, -0.5EV, ISO200, WB:オート
 オウムのカラフルさが自然。


リコー Caplio R6【実写その6】
 1/45秒, F4.7, +0.2EV, ISO200, WB:オート
 メリハリに乏しいので、もうちょっと明るめが良かったかな。


リコー Caplio R6【実写その6】
 1/9秒, F3.6, 0.0EV, ISO200, WB:オート
 広角だとこういう撮り方もできる。


リコー Caplio R6【実写その6】
 1/15秒, F3.6, -0.3EV, ISO200, WB:白熱灯2
 オーソドックスに。


リコー Caplio R6【実写その6】
 1/11秒, F3.6, 0.0EV, ISO200, WB:オート
 強力マクロで思う存分寄れます。


リコー Caplio R6【実写その6】
 1/3秒, F3.6, -0.5EV, ISO200, WB:屋外
 ホワイトバランスを手動で設定して赤みを強調。


 以上です。いかがでしたでしょうか?

 最後に使用感をまとめると、フルオートだと外すことも正直多い。こと白飛びには要注意。
 味のあるキラキラ感が一歩間違うと被写体を真っ白けにしてしまう。
 また、明るさにメリハリがないとどうにも眠い絵になってしまうのが惜しい。
 けど露出補正やホワイトバランスをこまめに変えてやると、時にハッとするいい絵を出してくれる。
 全体のレスポンスにはまったく不満がないので、コンパクトデジカメだからとお任せにすることなく、ある程度手間をかけてやることで実にいい仕事をしてくれるんだ。
 Caplio R6の出す絵の味わい気に入ってくると、この小さなボディーに28mm~200mmの7.1倍ズームや1cmまで寄れるマクロ機能など、撮影範囲を広げてくれる機能が凝縮されているので思う存分撮影を楽しめます。

 では、最後まで見てくれてありがとう。


←前

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d7fff970c

リコー Caplio(キャプリオ) R6 ファーストインプレッション【実写編その6】を参照しているブログ:

最近の居場所

  • コロニーな生活☆PLUS
    ※携帯電話&スマートフォン用 位置ゲー『コロニーな生活』のWebView機能で表示しています。

    コロニーな生活

最近のつぶやき

Kammy PRESENTS

  • かみぃの丘
    Kammyhills
  • Since: Friday, June 18, 1999
  • Copyright © 1999-2018 FilmCrew.jp. All rights reserved.